2010年12月31日金曜日

不動の峰 (丹沢)

画像はクリックすると拡大表示します。
丹沢:不動の峰


不動の峰は丹沢では蛭が岳に次ぐ高峰で、標高は1614メートル。

蛭が岳は1673なので標高は負けますが、ボリュームでは勝っているように見えます・・・・まさに不動という名前にふさわしいような!

ところでどこからどこまでが不動の峰でしょうか?

丹沢山→不動の峰→蛭が岳と続きますが、その間にある最低鞍部で分けるとすれば、不動の峰の領地(?)は非常に大きくなります。

逆にすぐ隣にある棚沢の頭を別の山としてしまうと、ボリュームは半減します。

鬼が岩の頭というのもありますが、これはもうピークとは言えないので無視。

これは丹沢山側(東)から見たもの



これも同じ方から・・・・左に不動の峰、右に蛭が岳。


これは蛭が岳側(西)から・・・・右奥に塔の岳、左奥には丹沢山。

頂上からは1段下がりますが、鬼が岩近くまで標高を落とすことなく続いています。


これは塔の岳方面(南)から・・・・右に丹沢山、左に不動の峰。




こちらは鍋割山稜(南:塔の岳より西)から・・・・左に蛭が岳、右に不動の峰。


桧洞丸への登りから・・・・横に長いですが、これはあまり貫禄なし。


上空から見れば尾根の線は北東に向かってUの字型に見えます。

この不動の峰・・・・多少愛想に欠けるところもありますが、この丹沢山と蛭が岳に挟まれた広い地域を「丹沢山」と名付けたら良かったのでは?・・・・と時々思ったりします・・・・配置を見てもふさわしい場所にあるし。

今からでは遅いでしょうか?

丹沢山荘は、不動の峰直下にある休憩舎の辺りに引っ越すことにして、かかった費用は国に申請するとか(愛好者の募金でガンバレ!・・・という声も)

・・・・費用が出なければ、そのままでもいいですが・・・・

2010年12月3日金曜日

昭和記念公園_2(日本庭園)

2010/11/25訪問
画像はクリックすると拡大表示します。

入園してすぐ日本庭園を目指して歩く人も多いようです。


我輩は水鳥の池周辺をゆっくり歩いてから日本庭園の方角を目指しました。

庭園入口付近のモミジが鮮やかでしたが、人が多くて写真は断念。

大きな池は風が無く穏やかな水面でした。



これは上に写っているモミジを池の反対側から撮影


渡月橋を思わせる橋


近くには菖蒲田が少し


水の出口(入口?)付近



公園全体のスケールからすると、この庭園の規模はそれほどでもないですが、おや!・・・っと思ったのは、この日本庭園の囲いのすぐ北側にも、なぜか日本庭園の造りかけのような景色がありました。



大きな石を重ねて、水の通り道もできています・・・・拡張予定?、それとも当初の計画を断念?・・・・工事中というよりは、しばらく寝かせてあるような。

庭園を出ると、特に目的地もなくなったので、トンボの湿地から子供の森方面へ

2010年11月30日火曜日

昭和記念公園_1 (水鳥の池)

画像はクリックすると拡大表示します。
2010/11/25訪問

・・・・どうしてこの非常に有名な公園に今まで来なかったか?・・・・よく分からないが今回初めて訪問です。

西立川駅の改札を出ると左手に見えるのは公園入口だけ・・・・公園以外は何も無し。


入園前に簡単な食料くらいは調達したいと思い、駅の階段を逆方向に下るとすぐにコンビニfが出てきました。

再び駅を通過して公園入口へ。

入るとすぐ目の前にあるのが水鳥の池。


この時期、モミジの赤が目立っています。


案内のパンフを見ると、始めから一番関心のありそうな場所に出たので、この池を一回りしてみることにしました(ボート乗り場やバードサンクチュアリがあるところは大きく迂回)

ボート乗り場近くのメタセコイア・・・・これもいい色合い。


これはバードサンクチュアリの東側


ハーブ園にあったモミジ


ネコがベンチで休憩中でしたが、近寄ると親切にも降りて場所を譲ってくれました・・・・まあ我輩はちゃんと入園料払ってるんだから当然と言えば当然でしょう。

逃げる様子は無し・・・・園内には「ネコを捨てないでください」との表示も。


ここは花木園?・・・・菖蒲田のまわりに見事なモミジ




池をひとめぐりして再び西立川口へ。

ややはずれのほうを歩いても目に付くものが沢山。


このあとはゆっくり北へ。


2010年11月11日木曜日

天王寺尾根と堂平の紅葉(丹沢)

登った日:2010/11/07
画像はクリックすると拡大表示します。

天王寺尾根、堂平は丹沢山の東側斜面にあり、
  宮ヶ瀬中学校近くの三叉路から入ります。

 注.歩くと登山口まで片道2時間半はかかります!
   ・・・・バスは三叉路までしか行ってくれません。

行きは天王寺尾根を登り、帰りは堂平へ下りました。

山頂付近の紅葉は終わっていますが、中腹はまだ見ごたえがあります。

これは天王寺尾根の途中

   背後にかすかに見えるのは丹沢三峰方面




かなり上まで登って、堂平からの道を合わせます。

もう丹沢山は間近です。


この辺になると葉は落ちて、アセビの緑が目立ってきます。

この日は丹沢山を越えて蛭ケ岳まで行ってきました。

これは堂平への下り



これは林道に下りてからのもの




2010年10月29日金曜日

神代植物公園:秋のバラフェスタ(2)

2010/10/24訪問

1週間おいて2度訪問することになりましたが、こちら(後)の方が花の数は増えていました。



今年は開花が少し遅れているとか。


敷地は噴水を中央に配置して、東西に長い長方形ですが、南側が少し早めに花を付けるようです。


この期間はライトアップもありますが、明るいうちに帰宅。

2010年10月27日水曜日

神代植物公園:秋のバラフェスタ(1)

2010/10/17訪問 


以前は山歩きばかりしていて、平地歩きはここ2~3年なので、この植物園も春のバラはまだ見たことがありません。
(春バラの季節には、「どこの山へ行こうか?」と考えるのが先かも・・・・!)

今年は思いがけず、24日にも訪問することになりました(24日は別のページで)


出かけたのは2回とも午後から。
どちらも曇り空で、青空をバックにできなかったのがやや残念。



もっとも我輩のような下手なカメラマンでは、あまりお天気が良いのもコントラストが強すぎて持て余すかも(?)



2010年10月22日金曜日

檜洞丸周辺

(画像をクリックすると拡大表示されます)
登った日:2010/10/11(体育の日)

檜洞丸(桧洞丸)というと、やはりシロヤシオツツジなどが有名で、
5~6月に沢山の人が出かけますが、ブナの大木も見ごたえが
あります。
これは大笄付近


山頂を少し越えて、下り始めたところ・・・・木道が通っています。


前方にあるのはテシロの頭
テシロの頭付近は大木が見事です。





温暖化で弱ってきているので、この先心配なところです。