2010年4月27日火曜日

四季の森公園  2010/04/18


(画像はクリックすると拡大表示します)
-------

[所在地]
横浜市緑区寺山町
JR中山駅から15分くらい
-------
鴨居駅の近くに用事があったので、確認のため地図を拡げて見ていると、この公園が目に付きました。
付近には新治市民の森、三保市民の森、横浜動物園(ズーラシア)などもあります。
鴨居駅の近くから地図を見ながら西に歩いてみました(・・・・あまりオススメできないコース)
非常に時間がかかって、四季の森公園に着いたのが午後3時くらい・・・・南口広場(たぶんこれが正門)から入場。

自然の地形を利用した部分と、お子さん連れ向けの遊び場の両方があるようです。
時間も限られるので、案内図を見て関心のあるところを探すと「あし原湿原」というのが目に付きました。
南の端を歩いてちびっこ広場の西側から行ってみることにしました。始めに少しだけ階段を下ります。

その後は小さい流れに沿って緩く下って行きます。

何組かの家族連れとすれ違いました・・・・そろそろ帰宅の時刻でしょう。
付近の木立もなかなか整っています。
ある程度手入れされた森のようですが、「まむしに注意」の看板もありました。

細い流れが少し広くなって、すぐ湿原に出ました。



しっかりとした歩道が確保され、ベンチに座って絵を描いている人もいます。新緑がさわやかです。
「わたしたちはアシ(ヨシ)です」という説明書きがあり、アシというのは悪しに通じるので、反対にヨシと呼ぶのだそうな!
遠くに黄色く目立っていたのは菜の花でした・・・・湿原が一旦終わって、この辺は草の上に寝転ぶこともできるようです。


そのままさらに歩くと、はす池を越えて北の出口があり、ここから中山駅に行けることを確認。
写真は北口から南(公園内)の眺め。

引き返して水車小屋方面へ


炭焼き小屋も通過して斜面を少し登りってちびっこ広場に戻り、再度別の道を下って北口方面へ。

菖蒲田がかなり広く確保されています・・・・花はまだ。

再びはす池を通過して北口から出ました。

中山駅へは1090メートル(=420+670 途中にあった案内)。
歩行者専用の通路が確保されているので、電車利用ならここから往復するのがいいでしょう。

時間のある時にもう少しゆっくり歩いて見たいところです。
これは6月に訪問した時の写真。




0 件のコメント:

コメントを投稿