2012年1月3日火曜日

冬木立(雨山峠~鍋割山)


(画像はクリックすると拡大表示します)

2012/12/31 丹沢の雨山峠から鍋割山に行ってきました。
雨山・鍋割山付近で昭文社の地図を見ると、「危」と「迷」の要注意文字があって、やや山慣れた人向きですが、そのぶん変化に富んでいます。
このへんの冬木立は見ごたえありそうだなと思い、行ってみました。

雨山峠~鍋割山の稜線は、痩せていて長い鎖場もありますが、不動の峰から蛭が岳、桧洞丸と続く稜線と対峙していて、丹沢中心部の眺めが良いところです。
夏には木々の葉に隠されてしまいますが、この時期は良く見えます。

稜線は風化花崗岩なので、足元は大粒の砂が蒔かれたような状態です。
ズルズルと滑りやすいため、傾斜がそれほどきつくなくても鎖の確保が付けられています。

これは長い鎖場を登り終えたところから桧洞丸(右)と同角の頭

この先、北斜面の木立がとても綺麗です。


鍋割峠を越えて鍋割山への登りにかかると、森が途切れて蛭が岳方面がストレートに見えてきます。

ほぼ鍋割山頂からの雨山(手前右側)と富士

Mount.Fuji

実はこの日、雨山峠の反対側にある雨山にも足を伸ばしました。
その途中で・・・