2012年3月29日木曜日

富田新道 (奥多摩) 2012/03/25


(画像はクリックすると拡大表示します)
富田新道って?・・・・奥多摩の日原から通じている雲取山への登山道です。
・・・・ところが雲取山まで行けず、道だけ歩いてきたので、このタイトルになりました。
当初の予定は、
日原→(大ダワ林道経由で登る)→雲取山→(富田新道経由で下る)→日原 
というコースでしたが大ダワ林道が崩壊で通行止め(林道と言っても登山道です)

既に一昨年くらい前から通行止めだったようです(注意してみれば途中に注意書きもあった!)
そこで大ダワ林道を少し歩いてから戻り、富田新道に入りました・・・・かなり時間をロスしたので、行けるところまでという気持ちで。

このへんは日本でも一番巨木が多いところです(クマも多そう)
途中にあった名前付きの巨木・・・・日原林道(こちらは普通の林道)を歩いていると朝日の射す斜面にひときわ大きく見えてきました。
「鍛治小屋窪のとちのき」と案内があって、近くまで行けるようです。

これは大ダワ林道を入って長沢谷との出合いにあった巨木(カツラ?)

こちらは後ろ姿・・・・別人のようです。

昨日は雨で増水気味(?)の長沢谷を渡りましたが、いかにも早春という感じです。

雲取谷に沿って途中まで行きましたが、凍結も残っていてこの先は危険と判断したところで戻りました。


こちらは富田新道入口

流れまで下ると吊橋が架かっています・・・・揺れます。

すぐとなりにある滝

大木の多い急斜面を登ります

途中で凍結気味の雪が出てきたのでアイゼンをつけました。
傾斜が緩くなると、早春らしい穏やかな雰囲気が続きます。


遠くに見えるのは三つドッケや蕎麦粒山

芋の木ドッケ

尾根の上部では、ダケカンバも目立ってきました。

正面には小雲取山が見えてきます。

カラマツと笹原の中を2頭の鹿が逃げて行きました・・・・鹿にとっても待ち遠しい季節到来です。
こちらは大菩薩方面・・・・手前に石尾根が走っています。

適当なところで折り返しましたが、緑の多い時期に再訪したいところです。


0 件のコメント:

コメントを投稿